バイナリーオプション バイナリーオプション初心者入門 覚えておきたいバイナリーオプション3つの攻略法とは?

バイナリーオプションの攻略法とは?

バイナリーオプションで戦略を練る上で最も重要な基本戦略となる攻略法と、私たちバイナリーオプション投資家がとるべき投資行動についてご紹介いたします。主に3つだけなので、これだけは覚えておいたほうがいいでしょう。

バイナリーオプション投資攻略法となる基本方針は3つ

まず投資攻略法を考えてみましょう。まずは、投資をするにあたっての基本的な方針を決定します。バイナリーオプションは、判定条件や購入価格、払戻倍率などがあらかじめ決まっているチケットを購入するシンプルな投資ですので、投資戦略もその枠の中で考えることになります。

攻略法(1)「円高」「円安」とともに価格がどれだけ動くかを予想する

代表的な戦略の指針は以下の3つです。まず、①判定条件のレートと現在のレートの差が小さいときに、円高か円安に動くと予想して投資する。つぎに②判定条件のレートと現在のレートの差が大きいときに、円高もしくは円安に動くと予想して投資する。3番目が、③現在のレートがそれほど動かないと予想し、それに適した条件(「ワンタッチ」「レンジ」など)を選択するか、投資そのものを見送るケースです。

いずれの戦略であれ、バイナリーオプションなら、その実行に適したチケットを選択するだけでいいのです。取扱会社によって取引条件や商品設計は異なるため、投資する金額やタイミングなどを調整する必要はありますが、投資戦略を立てるための指針そのものは変わりません。3つの指針のどれかを選んで、チケットを購入するという基本は共通しています。

攻略法(2)タイミングの見極めでいくつもの戦略が可能に

相場が動くときほど収益チャンスが大きいことは、誰もが理解しやすいと思います。これに加えてバイナリーオプションでは、取引時間内のどのタイミングで投資するのかも、より勝率を高め、利益を狙うための重要なポイントとなります。

バイナリーオプションでは、1回30~60分程度の取引時間の中でも、購入開始時点より、購入終了に近い時間帯のほうが当たる確率は高まりやすいのです。たとえば、購入開始時点で1ドル100.50円だったレートが判定時間までの30~60分間に100.00円より円高になる確率と、購入終了5分前に100.10円だったレートが数分後の判定時間に100.00円より円高になる確率では、どちらが高いかをイメージしてみてください。

残り時間が長く目標レートが離れているものより、「残り時間が短く目標レートが近い」「すでに目標レートに達している」ケースのほうが条件をクリアしやすいことは明らかです。もちろん前者の場合は払戻倍率が高く、後者の場合は達成の可能性が高くなるにしたがって払戻倍率は「1倍」に近づいていきます。

こうした点を意識しながら、「勝率を上げたい」のなら残り時間の短いタイミングで、「高い払い戻しを狙いたい」のなら残り時間の長いタイミングでチケットを購入してみるのも方法です。

攻略法(3)タイミングの見極めでいくつもの戦略が可能に

株式やFXなどほかの金融商品に比べて、リスクが限定されているのがバイナリーオプションの大きなメリットですが、それでも十分に注意しなければならないリスクはあります。とくに危険なのが、全力で投資し続けていると、たった1回の「負け」ですべてを失ってしまう可能性があるという点。

最初の投資額が1,000円で、払戻倍率2倍の取引にすべての資金を投入し、4回連続で成功したとすると、投資資金は16倍の16,000円に増えます。ところが、もしも5回目に予想を外せば、資金はたちまち0円になってしまいます。確率2分の1の予想が5回連続して当たる可能性は、まったくないわけではありません。しかし、いずれ予想は必ず外れ、それまで積み上げてきた資金が一瞬にしてなくなるのは目に見えています。

じつはこのリスクは簡単に回避することができます。1回の取引ですべての資金を投入しなければよいだけのことなのです。払い戻しを受けた時点でその一部を残すか。最初から投資資金の一部だけでチケットを購入すること。それが資金を失わないための大原則です。「いちかばちか、すべてをかける」といった取引は、無謀な冒険やギャンブルのようなもので、初心者が手がけるのはあまりにも危険で、絶対にやってはいけません。