バイナリーオプションとは?

バイナリーオプション(英語: binary option)は、特定の日時(取引終了時間)までに為替や株、コモディテーの価格が「上昇する」か「下落する」かを二者択一で予測する金融商品です。価格が予想通りの方向に動いていれば利益となり、予測と逆方向に動いていれば損失となります。

バイナリーオプションが人気の理由

  • 取引ルールがシンプルで始めやすい
  • 短期商品で数時間で損益が決まる!
  • 少額投資でもリターンが期待できる!
  • FXの知識が活用できる

初心者でも3分でわかる!バイナリーオプションの取引ルールの基本

バイナリーオプションにはFXのように「買い」「売り」という概念はありません。「コール」と「プット」のチケットを買う取引の基本となります。これがバイナリーオプションを始めるための最低限の基本、基礎知識といえます。まずは、このバイナリーオプション投資の基本的な仕組みの説明します。

オプションとは、「あるものを、決められた日に、決められた価格で買う(売る)権利」のことで、買う権利の「コールオプション」と、売る権利の「プットオプション」の2種類があります。オプション取引では、株や為替そのものではなく、それを「売買(売り買い)する権利」を売買します。たとえば「1週間後に1ドル76.000円でドルを圓う」というコールオプションを買った場合、実際の価格が77.000円に上昇しても76.000円で買う権利が行使できるのですから、1円の儲けになります。

見方を変えれば、価格が上昇すると思ったときはコールオプションを買い(ロングといいます)、下落すると思ったときは売れば(ショートといいます)いいのです。同じように、プットオプションは、価格が下落すると思ったときには買い、上昇すると思ったときには売ります。

バイナリーオプションのチケットは、このうちの「コールオプションの買い」と「プットオプションの買い」の2種類を中心に構成されています。円安になると払い戻されるチケットトはコールオプションを買うためのもの、円高になると払い戻されるチケットはプットオプションを買うためのものなのです。

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションの始め方・やり方

バイナリーオプションの「オプション」とは?

バイナリーオプションの「バイナリー」は二者択一の二進法の意味だと説明しましたが、そもそも「オプション」とはなんでしょうか?「オプション」のもともとの意味は「権利」。つまり株式や貴金属などを将来売買する「権利」に投資するのがオプション取引でデリバティブ取引なのです。

では「権利」の売り買いとはなにか?たとえば、天候に影響されやすい秋の味覚の代表である松茸の仕入れ値を春先に決めて、その保証代金(権利)を売買するようなことです。平均1kg1万円の松茸は収穫量が少ないと2万円に高騰することがあります。その場合、秋口に1kg1万円で買う権利を1000円で購入するのが一種のオプション取引です。

その権利を持っていれば、もし秋口に2万円の値段が付いても1万円で購入できるので、オプションの購入代金を考えても差し引き9000円の儲け。豊作で1kg7000円になったときは、1万円購入の権利を放棄して7000円で購入するので1000円の持ち出しということになります。

簡単にまとめるとオプションとは「ある将来の日に、あらかじめ約束した値段でモノを買う(売る)ことのできる権利である」と覚えておけばいいでしょう。

バイナリーオプションが利用できる有名な人気口座

会社名 通貨ペア オプション種類 購入金額 ペイアウト額
(倍率)
IG証券
「バイナリーオプション口座」
ドル円、ポンド円、
ユーロ円、 豪ドル円、
ユーロドル、 ポンド/米ドル、
豪ドル/米ドル
ラダーオプション
ワンタッチオプション
レンジオプション
1,000円
未満
1枚につき
10,000円固定
GMOクリック証券
「外為オプション」
ドル円、ユーロ円、
ポンド円、ユーロドル
ラダーオプション 1,000円
未満
1枚につき
1,000円固定
FXプライムByGMO
「選べる外為オプション」
ドル円、ユーロ円、
ポンド円、ユーロドル
ラダーオプション 1,000円
未満
1枚につき
1,000円固定

目次

バイナリーオプションが人気の背景

バイナリーオプションは新しい投資商品

金融投資の世界に革命が起きている。これまでとはまったく異なる投資商品で、バイナリーオプションと言われている市場が急拡大しているのだ。 2009年にIG証券が初めて日本国内に持ち込んだものだが、シンプルな取引ルールで、スピーディーに勝敗(利益と損失)がわかるスタイルから、いまやFX(外国為替証拠金取引)や株価指数売買の分野での主流取引に成長するほどの勢いで投資家人数、取引高が伸びています。

バイナリーオプションは2社で決まり!

初心者から中上級者も満足でき大人気

IG証券「バイナリーオプション口座」

↑無料の新規口座開設はこちらから↑

初心者には簡単操作で人気のバイナリー口座

GMOクリック証券「外為オプション」

↑無料の新規口座開設はこちらから↑

おすすめバイナリーオプション口座ランキング

バイナリーオプション独自のユニークな特徴

①二者択一のシンプルな取引ルール

一定時間後にあらかじめ設定された価格に対して、実際の価格が上か下かを予想する種類(ラダーオプション)と、時間内にその価格にヒットするかしないかを予想する種類(レンジオプションやタッチオプション)がある。いずれも二者択一でわかりやすい取引ルールとなっています。

②結果が早い

バイナリーオプションは為替、株価指数、商品先物などの銘柄を対象にしているが、いずれもスタートからエンドまでの時間が短く設定されており、スピーディーな取引が可能。為替では最短2分程度で結果が出る口座もあります。

③少額資金での投資が可能

バイナリーオプションの取引は1枚、2枚という具合に枚数でカウントするが、多くの業者は1枚当たりの単価を低く設定している。1枚当たりの価格が最も低い業者は50円。多くは100円~1000円程度で購入できる。まさにポケットマネーでの投資が可能な金融商品といえます。

④損失が限定されている

バイナリーオプションは予想が当たるか外れるかで勝敗が決まるが、外れても損失は購人金額にとどまり、投資金額以上のマイナスとなることはありません。

バイナリーオプションの損失

⑤比較的投資効果が大きい

予想が当たった場合のリターン(ペイアウト率)は固定型と変動型があります。日本国内のバイナリーオプションは全て固定型です。無許可の海外業者が提供するバイナリーオプションでは変動型があります。日本国内の岡定型の場合はおおむね75~100%、変動型は50~500%前後となっています。たとえば1枚100円で購入した場合の払戻金額は固定型なら200円(実際の利益は100円)、変動型なら150円(実際の利益は50円)~5000円(同4900円)となります。

⑥さまざまなタイプ(種類)のバイナリーオプションがあります。

バイナリーオプションには主に3つの種類があります。代表的なものがラダーオプションで目標レート(権利行使価格)が判定レート(満期)より高いか・低いかを予想します。
より多彩な相場シーンで利益を狙うことができるのが「レンジオプション」と「タッチオプション」です。「レンジオプション」は判定時間内の為替レートの推移が、予め設定されたレンジ内で収まるか否かを予想します。「タッチオプション」は判定時間内の為替レートが、予め設定された目標レートに一度でも到達するかを予想します。日本国内でこの3つの種類を取引できるのはIG証券のバイナリーオプションだけです。

ラダーオプション
レンジオプション
ワンタッチオプション

なぜ私はバイナリーオプションを”投資としておすすめ”するのか?

私がバイナリーオプションのサイトを立ち上げた理由として、この新しいタイプの投資を知っていただきたいと思ったからです。普通の人が普通に送る生活の中で、当たり前に投資というものを実践していくことを考えると、現時点ではこれほどメリットの多い投資商品はなかなか見あたらないと思います。

バイナリーオプションにはいくつもの優れた特徴があります。中でも非常に大きいのは、仕組みがシンプルで、取引が誰にでも分かりやすいという点。これこそ、投資の経験が浅い方や投資で上手くいかなかったという方に、バイナリーオプションをお薦めしたい最大の特徴です。

また、投資で成功するには「いかに情報を得るか」が重要です。それはバイナリーオプションでも変わりません。その意味からも、望みさえすればさまざまな情報が誰にでも手に入る現代社会は投資がやりやすい、始めやすい環境にあります。

為替の動向はもちろん、社会の動きやニュースといった多くの情報に接し、自分なりに理解し考えることは、投資成功の確率を高めることにつながります。そしてそれは個人が社会と積極的に関わり合いを持っていくことでもあるのです。

このように、投資は自分の人生をより有意義なものに変えてくれます。そんな投資の敷居を大きく下げるバイナリーオプション。この新しい投資商品との出会いで皆さんの人生が一変するとまではいいませんが、少しでも人生がより楽しくなる一助となればこれほどうれしいことはない。私はそう考えています。

バイナリーオプションやり方と始め方

バイナリーオプションはどうやって始めればいいの?

バイナリーオプションを始めるにはまずバイナリーオプションを提供しているネット証券、FX業者に口座開設する必要があります。証券口座、FX口座、バイナリーオプション口座を一括で口座申込して口座開設ができます。※なお日本国内には、バイナリーオプション口座のみを提供している業者はありません。

多くの投資家に人気があるバイナリーオプション口座はIG証券、GMOクリック証券、FXプライムbyGMOの3社です。口座保有するだけでしたら口座維持手数料は無料なので3社に口座開設をして、取引システムを実際操作してみて相性が良い悪いを確認するようにしましょう。

海外と国内バイナリーオプションの違いとは?詐欺にひかからないために

バイナリーオプションは海外(キプロスやケイマン諸島などのタックス・ヘブン)に登記されている金融事業者と、日本国内で日本の金融庁から許可され営業活動を行っているネット証券やFX業者が提供している国内バイナリーオプションがあります。

初めてバイナリーオプションを始める初心者投資家の方は、国内のネット証券会社やFX業者が提供している国内バイナリーオプションを選びましょう。多くの投資家により選ばれている国内バイナリーオプション口座は以下の3つです。

会社名 通貨ペア オプション種類 購入金額 ペイアウト額
(倍率)
IG証券
「バイナリーオプション口座」
ドル円、ポンド円、
ユーロ円、 豪ドル円、
ユーロドル、 ポンド/米ドル、
豪ドル/米ドル
ラダーオプション
ワンタッチオプション
レンジオプション
1,000円
未満
1枚につき
10,000円固定
GMOクリック証券
「外為オプション」
ドル円、ユーロ円、
ポンド円、ユーロドル
ラダーオプション 1,000円
未満
1枚につき
1,000円固定
FXプライムByGMO
「選べる外為オプション」
ドル円、ユーロ円、
ポンド円、ユーロドル
ラダーオプション 1,000円
未満
1枚につき
1,000円固定

海外バイナリーオプション事業者は、倒産やサービスの提供を急に停止したりする歴史を繰り返しています。このような場合、預けた投資金はほとんど返ってくることはありません。これを詐欺いって騒ぎ立てている投資家も非常に多くいますが、投資は自己責任。詐欺でも何でも、作業業者を選んだ自分の責任、自己責任になります。国内バイナリーオプション業者の場合は、国内法(全額信託保全)で投資金は保全されているので、投資金は完全に保全されしっかり返金されます。

バイナリーオプションに取引所はあるの?

バイナリーオプションは、ほかの投資対象とは異質な存在といえる。デリバティブ(金融派生商品)に分類されるが、先物やオプション、CFD(差金決済をする金融商品)などともニュアンスが異なるからだ。投資対象を市場でわけると、取引所を通じて売買する取引所商品と取引所を通さずに売買する店頭商品がある。前者の代表は株式や商品などで、後者はFXが代表だが、さらに店頭商品には市場があるものとないものにわけられる。

バイナリーオプションこの市場のない商品に属しているのである.バイナリーオプションならではの大きな対徴だ。名前は似ているが一般のオプション商品は市場が存在しているものもあり、取引市場のないバイナリーオプションはまったく性質の異なる商品といえる。そのためバイナリーオプションにはさまざまな商品があり、投資家は、それを提供する業者と相対で取り引きすることになる。もちろん、日本国内の法律が適用されるので投資家の資産は全額信託保全が適用されているので、業者が倒産しても預けた資金は保全されている。(※海外業者は保全されない)

また、判定価格なども原市場を参考にすることが義務づけられており、業者は手を加えることはないので、どこの業者でも現在値はほぼ同じとなる(ただし為替などでは参考レートの違いにより異なることもある)。業者と投資家の相対取引ということは、投資家の注文を1件ごとに業者が受ける形になる。そのためバイナリーオプションは、それを扱っていない業者では売買できない。

現在、日本国内でバイナリーオプションを提供しているのは、主にIG証券、GMOクリック証券、FXプライムbyGMOの3社だ。いずれも取引ルールに若干の違いはあるが、共通するのは損失が購人金額以上にはならないことと、二者択一である点だけだ。それ以外は売買方法やペイアウト率はもちろんのこと投資対象、満期時間などで違いがあり、選ぶのにはそう迷うことはないだろう。

バイナリーオプションはいくらから始められるの?最低投資金の金額

FX取引は1万通貨単位での売買が一般的で、現在の最大レバレッジ25倍として1ドル=100円なら4万円が必要になる。それに対してマーケットの価格に関係なく、バイナリーオプションはいつでも1枚100円から。ただし、100円では1回予想を外せば終わってしまうので、20回分を用意するとしても2000円あれば、とりあえず投資がスタートできる。よってバイナリーオプションは3万円なら1回1000円で最低30回は挑戦できる。

1枚100円のチケットの場合、最低必要金額は100円ということになるが、これでは最初に負けると、それで終了になってしまう。全勝ということはどだい無理なので、負けも考えて初期資金を用意したい。また、どの商品でどのような投資をおこなうかによって異なる。たとえば、払戻率が100%の商品を毎回同金額で購入するヶ-スでは1回の購入金額の20倍分は用意したい。100円なら2000円、500円なら1万円、1000円なら2万円だ。

もし2勝3敗ペース(勝率40%)でも、これなら100回挑戦できる。払戻率が85%の商品では、勝った場合でも15%のロスが出るので、100回チャレンジするつもりなら資金も15%増しということになる。このような投資をした場合、どの程度の利益が出るのかを計算してみよう。1枚当たりの購入金額が同じ場合、損益は勝ちと負けの差に購入金額をかけたものとなる。

100回というのは、かなりの時間を要する。5分後ごとに発売される10分満期商品の連続購入でも8時間以上かかる。1時間満期商品なら100時間である。これでは、1週間以上かかることになる。時間をかけるわりにリターンは少ない。これを引き上げ、1日1万円の利益を上げたいなら、また別の発想が必要だ。たとえば1日1回、確実だと思うときだけ勝負をする。もちろん購入金額は1万円だ。勝てば、その日は終了。負けたときには、あと2回勝負して2連勝できれば1万円を確保できる。

しかし、この方法はよほどの自信がないとできない。また負け続けたときにはダメージが大きい。そうなると1回あたりの購人金鎖を引き上げる方法が浮上してくる。1回100円ではなく500円にすれば、100回で1万円になる。1回1000円なら50回で1万円だ。このことから1日1万円近い収益を上げるためには初期資金を2万円とし、1回当たり1000円でチケットを購入することが必要になるとわかるだろう。

バイナリーオプションの投資対象は?

圧倒的に多いのは為替だ。これに絞っている業者も多く、バイナリーオプションがFXの一種だと思っている投資家も多い。しかし、バイナリーオプションは価格が提示されているマーケットがあれば基本的には投資対象を選ばない。要するになんでもバイナリーオプションにすることが可能なのである。

実際、業者によっては株価指数や商品、個別銘柄をバイナリー化している。国内業者ではIG証券が主要国の株価指数(日経225やNYダウ)や金ヽ原油先物のバイナリーオプションを提供している。

バイナリーオプションの利益と損失の計算方法

通常のFX取引の場合、決済値と建て値(買い値あるいは売り値)の差に売回数をかけたものが損益になる。たとえばドル円が100.00円で買いポジションを保有し、100.10円で売却すると利益は0.1円×1万通貨の場合で1000円の利益。99.90円で決済すれば1000円の損失だ。

FXをはじめ、これまでの投資では注文を出した時に損益はわからない。 FX経験者なら理解できるが、1万通貨で1000円の利益を上げるのは大変だ。普通は数百円にとどまる。それに対してバイナリーオプションは1回ごとの損益が確定している。証拠金40万円を使い、ドル円10万通貨取引し、0.001円以上動けば、利益は1000円、損失も1000円だ。 バイナリーオプションで1000円の利益が欲しいなら1000円の投資で済む。どちらの投資効果が大きいかは明らかだろう。

では値動きの値幅がパフォーマンスの決め手になるのに対し、バイナリーオプションでは勝率が重要になることを覚えておこう。つまり、FXでは大きなトレンドをつかまないと利益を上げにくいが、バイナリーオプションならもみ合い相場でも利益を積み上げる可能性があるともいえます。

バイナリーオプションで勝つための攻略法とは?

売買方法が簡単だからといって、安直に手を出すのではなく、バイナリーオプションを始めるには他の投資と同様に事前に勝つためのノウハウを学んでおく必要がある。一般の投資で勝利を得るノウハウはトレンドの見極めに尽きる。トレンドの転換ポイントを見つけ、上に向かうトレンドが続いていれば買いポジションを保有し続ける、あるいは先に決済をおこない、下に向かい始めたら新規に売りポジションを保有する。これを見極められる確率が50%を超えれば、ほぼ確実に利益を手にできる。

だがバイナリーオプション投資では、トレンドの見方に加え相場のリズムやパターン、あるいは勢いを見抜く力量も必要になってくる。投資そのものはシンプルなのだが、勝つためには通常の投資以上の知識を身につけなければならないのである。とくにスタートから終了までの時間が短くなるほど、こうしたノウハウが重要になってくる。なぜなら、一般的な投資の場合ならトレンドさえ見誤らなければ、多少、思惑とは反対の方向に動いても、トレンドに戻るまで持ち続ければ利益を得られる。だがバイナリーオプションでは、ゴールで強制的に決済させられるためだ。

バイナリーオプションの投資期問は投資対象や業者によってばらつきがあるが、超短期の投資という点では一致している。最短は2分、長くとも2時間程度。そのなかで投資をおこなうためには、時問の観念を持つ必要がある。 10分満期の商品で数時問先の相場を予想しても意味はないのである。 10分満期なら5分足2本分を読むような発想が必要になるわけだ。1本早いか、遅いかで勝ち負けが変わることも少なくない。

バイナリーオプション的テクニカルの具体的な見方はあとで後述するが、満期となる終了時間あるいは時間内に設定価格以上になるかどうかを見極める方法が重要なのである。難しいのは投資する対象によって、必要なノウハウが少しずつ異なる点だ。スタート時点でのマーケット価格が判定価格になる商品なら、エンド時間までの相場のうねりが大切になる。一方、業者の提示した判定価格なら、うねりより勢いを見なければならない。要するにバイナリーオプションでは、その商品特性に合ったオーダーメイド型のテクニカル分析が必要になるのである。その商品特性にあったテクニカル分析ができて初めて、利益の出る勝率を上げることができるのだ。

またバイナリーオプションでファンダメンタルズの分析はまったく役に立たないといえる。ファンダメンタルズはあくまでも中長期のトレンドを予想するためのものであり、バイナリーオプションのように超短期型投資には向かないからだ。ただ、雇用統計や金融政策など、原市場のマーケット価格に影響を及ぼすようなイベントは注目しなければならない。それを機に大きく変動する可能性があるためだ。

バイナリーオプションの種類

投資結果の判定ルールにもいくつかの種類があります。基本的な判定方法は、大きく分けると「ラダーオプション」「ワンタッチオプション」「レンジオプション」の3種類です。どれも一定時間後や時間内の為替レートが円高または円安のどちらに動くのかを予想するという点では同じですが、為替の動き力でどうなっていれば払い戻しが発生するかという判定基準が異なります。それぞれに取引の面白さや醍醐味がありますので、各社のホームページなどを見て、相性のいい取引方法を探してみるといいでしょう。

ラダーオプション バイナリーオプションの中で代表的なのがラダーオプション。
目標レート(権利行使価格)が判定レート(満期)より高いか・低いかを予想します。
レンジオプション 判定時間内の為替レートの推移が、予め設定されたレンジ内で収まるか否かを予想します。
タッチオプション 判定時間内の為替レートが、予め設定された目標レートに一度でも到達するかを予想します。
ラダーオプション
レンジオプション
ワンタッチオプション

バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションはこんな投資家に向いている

バイナリーオプションの勝率を高めるためには、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が有効です。専門的に突き詰めると非常に奥深いとはいえ、基本中の基本を理解するだけでも十分に勝率は上がるはずです。

大切なのは、「運を天に任せて勝負する」のではなく、科学的な判断と行動によって「少しでも勝てる確率を高めよう」と工夫を凝らすこと。①仮説を立てて、②実行し、③失敗した場合はその理由を考える、というサイクルを繰り返せば失敗の頻度は下がり、成功の確率は高まっていきます。

投資経験が浅いうちは、なるべく、利益は少ないけれど当たりやすい高価格のチケットを買って経験を重ね、慣れてきたら少しずつ、利益は高いけれど当たりにくい低価格のチケットにチャレンジしてみるのがいいと思います。最初から「大儲けしよう」と思って低価格のチケットばかり購入すると、負けが込んで自信をなくしてしまうこともあります。背伸びをせず、身の丈に合った投資を心がけながら経験を積んでいくことが大切なのです。

バイナリーオプションとFXはここが似ている!

通貨ペアは共通、相場観を活かすこともできるため、FX経験者がバイナリーオプションを試してみるのは比較的簡単ですし、バイナリーオプションで相場観を養った人がFXに挑戦するのも、それほど高いハードルではありません。それは、FXとバイナリーオプションには似通った点が多いからです。

第一にFXもバイナリーオプションも通貨ペアが共通しています。ドル円、ユーロ円、ポンド円はいずれもFXにおける基本の通貨ペアです。FXでこれらの通貨ペアを取引した経験のある人なら、その相場観をそのままバイナリーオプションに役立てることができますし、バイナリーオプションの経験者がFXを始めるのも、それほど違和感はないはずです。

また、バイナリーオプションは、為替レート(価格)が将来的に「上がる」のか「下がる」のかを予測する取引ですが、FXも基本的には同じ。ただFXの場合、買った通貨は必ず売り、売った通貨は必ず買い戻さなければ利益(または損失)を確定することはできませんが、ドルやユーロが「上がる」と思うなら買い、「下がる」と思えば売るという投資方法であることに変わりはありません。バイナリーオプションで養った相場観を、そのままFXにも活かすことができるわけです。

バイナリーオプションとFXはここが違う!

スタート時点で利益と損失が決まるバイナリーオプション。FXと似ている点も多い半面、FXとバイナリーオプションでは異なったところもいろいろあります。とくに大きな違いは、FXは取引を開始した時点では「どこまで利益が得られるのか」「どこまで損失を被るのか」力ぶまったく分からないのに対し、バイナリーオプションでは、チケットを購入した時点で、取引終了後に得られる利益(または損失)が確定してしまうこと。

では買っだ通貨は必ず売り、売った通貨は買い戻さなければ利益(または損失)を確定することができません。「〇〇円まで上がったら売る」「〇〇円まで下がったら買い戻す」と自分で決めない限り、利益も損失もいくらになるか決まりません。

たとえばバイナリーなら、50円のチケットを購入した時点で、相場が予想どおりに動けば950円の利益、予想に反したら50円の損失が生じることが確定します。この場合20倍以上の利益は追求できませんが、損失も限定されるので、FXのような大きな損失リスクとは無縁なのです。

またFXの場合、投資家の意向次第で数日でも数週間でもポジションを持ち続けることができますが、長く持ち続ければ持ち続けるほど、相場が予想に反して動くリスクにさらされやすくなってしまいます。その点、バイナリーオプションは長くて最短で2分、最長で2時間程度で結果が分かるものが多いのが魅力といえます。

バイナリーオプション初心者入門

初心者はデモ口座で始めるべきか?

これからバイナリーオプションを始める初心者投資家の方でのデモ口座から始めることはあまりおすすめできません。その最大の理由は本当の自分の投資金で身銭を切って勝つための方法を真剣に学び、失敗を繰り返し、また改善。 本番環境(リアルマネー)でそのサイクルを繰り返して初めて勝てるようになるのだと私は思います。

デモ口座だと真剣にできないのではないかと思います。しかしながらデモ口座でも真剣にできるという投資家の方はデモから始めてもいいと思います。バイナリーオプションは最低投資金が1000円から1万円くらいから少額で始めることができるので、デモ口座も本番口座もあまり変わらないとも言えます。

デモ口座でもリアル口座と同じ感覚で取引をすること

デモ口座だからと安易に取引をしたら技術が向上しないため、リアル口座と同じように真剣に行いましょう。

デモ口座は本番口座と同じ。操作手順を学ぶ場にしましょう。

デモ口座は本番口座の操作手順を習得する場としては有効です。いざ投資金を入金して操作に迷わないよう事前にデモで確認しましょう。

本番口座も事前に準備しておきましょう。

本番口座は事前に準備しておきましょう。取引ができるようになるまで口座申込後、通常2営業日から1週間程度かかります。デモ口座で慣れてすぐにスタートできるように本番口座の準備は事前にしておきましょう。

初心者は1万円から投資するのもおすすめ

バイナリーオプションの最低取引金額は50円から1000円程度でしかありません。ちょっとした勉強のつもりで気軽に参加できるハードルの低さが、バイナリーオプションの特長です。

また、株式やFXなどほかの金融商品に比べて、リスクが限定されているのがバイナリーオプションの大きなメリットですが、それでも十分に注意しなければならないリスクはあります。とくに危険なのが、全力で投資し続けていると、たった1回の「負け」ですべてを失ってしまう可能性があるという点です。

最初の投資額が1000円で、払戻倍率2倍の取引にすべての資金を投入し、4回連続で成功したとすると、投資資金は16倍の16000円に増えます。ところが、もしも5回目に予想を外せば、資金はたちまち0円になってしまいます。確率2分の1の予想が5回連続して当たる可能性は、まったくないわけではありません。

しかし、いずれ予想は必ず外れ、それまで積み上げてきた資金が一瞬にしてなくなるのは目に見えています。じつはこのリスクは簡単に回避することができます。1回の取引ですべての資金を投入しなければよいだけのことなのです。

払い戻しを受けた時点でその一部を残すか、最初から投資資金の一部だけでチケットを購入すること。それが資金を失わないための大原則です。「いちかばちか、すべてをかける」といった取引は、無謀な冒険やギャンブルのようなもので、初心者が手がけるのはあまりにも危険です。

特に初心者の方は、利益をあげることを急ぐあまりに根拠がない賭けにでるような取引は避けなければいけません。1000円程度の少額で取引を始めることはできますが、1万円程度から始め、勝率をあげる訓練をするようにしましょう。

バイナリーオプションにおける資金を分割するメリット

初心者入門の通貨ぺア「ドル円」から始めてみよう

バイナリーオプションには、さまざまな通貨を投資対象とするものがありますが、実際には、ドル円、ユーロ円、ポンド円の3種類の通貨ペアを中心に取り扱っている会社がほとんどです。

円を含め、ドル、ユーロ、ポンドの4種類の通貨は現在、世界の為替流通量で1~4位を占める主要通貨であり、投資対象としての信頼性も十分にあるといえます。とくにドルは、貿易などでもっとも利用されている世界の基軸通貨であるため、流通量や取引量が圧倒的に大きく、投資対象として考えれば、これほど安心なものはありません。

バイナリーオプションを取り扱う会社は多く、中には豪ドル円のような、流通量の少ない通貨ペアを投資対象として組み入れている会社もあります。しかし、投資の大原則は、「分かるもの」「情報量があるもの」に投資することです。

それを考えると、新聞やテレビのニュースなどで、比較的情報がつかみやすいドル円やユーロ円などの通貨ペアのほうが、より利益を狙いやすい投資対象であると思います。そうした点を考えても、特に投資初心者の方は、バイナリーオプションでは、メインをドル円、相場の流れに沿い機会に応じてユーロ円、ポンド円という世界の主要通貨ペアで取引するのが、初心者にとってはお薦めであるといえそうです。
※それぞれの通貨同士の組み合わせを「通貨ペア」といいます。

世界の通貨の取引の比率

投資ブログを参考にする方法も

バイナリーオプションを始める初心者の方、勝ち方を研究したい、勝率の向上をするための攻略法を極めたい方はバイナリーオプションブログをいろいろ見てみるのもいいと思います。FXとバイナリーオプションをやっているブロガーも多くいます。そのやり方、始め方も解説している場合もあります。情報は無料。もらえる情報はたくさん入手しちゃいましょう。

バイナリーオプションの税金と納税方法(確定申告の方法)

バイナリーオプションやFXで利益を得た投資家は納税の義務があります。バイナリーオプションの場合は、FX取引と同様に申告分離課税(雑所得)となり金融商品で得た利益のみ課税対象となります。なお申告分離課税なので給与所得などとは合算されません。金融商品で得た利益の大きさにかかわらず、一律20%が税率となります。

また店頭・取引所FXやCFD、商品先物取引の利益と損失を合算することができ、3年間の損失の繰越が可能です。バイナリーオプションで利益があがっても他の先物取引(店頭・取引所FXやCFD)の損失のほうが大きければ納税は必要ありません。

また納税は確定申告により行われます。1月1日から12月31日までの納税対象となる取引に関し、申告が必要な場合は、原則として翌年の2月16日から3月15日までに申告書を提出する必要があります。期日が土曜日・日曜日に重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。

バイナリーオプションの用語集

バイナリーオプションを取引するうえで欠かすことのできないバイナリー専門用語をご紹介いたします。「原資産」「コール」「プット」「ブラック・ショールズ・モデル」「ペイアウト金額」などをご紹介いたします。

初心者のためのバイナリーオプション用語

バイナリーオプション必勝法と攻略法

バイナリーオプションの儲け方と勝つ秘訣とは?

バイナリーオプションで利益を大きく伸ばしていくためには勝率を上げていくことが何よりも大切です。バイナリーオプションは、上がるか下がるかを予想するものなので、なんの工夫もない状態で売買をしていても回数をこなせば勝率50%程度となってしまいます。

そこで今からご紹介する2つの分析を利用して勝率を上昇させて利益を獲得して行くという方法をお教えします。今回は、主にテクニカル分析を元に売買を行っていきますが、バイナリーオプションではファンダメンタルズ分析も非常に大切になってきますのでこの2つの分析方法をよく覚えておいて下さい。

初心者がバイナリーオプションで勝つ秘訣

勝率をあげるバイナリーオプションの基本戦略とは?

バイナリーオプションで最も重要なのは勝率を上げること。勝率をあげる戦略を練る上で最も重要な基本戦略と、とるべき投資行動についてご紹介いたします。大切な戦略となる基本方針は、「円高」「円安」とともに価格がどれだけ動くかを予想する、タイミングの見極めでいくつもの戦略が可能に、利益は分散して次のチャンスに臨む、以上の3つだけなので、これだけは覚えておくようにしましょう。

覚えておきたいバイナリーオプション3つの攻略法とは?

アメリカ雇用統計発表のバイナリーオプション攻略法

毎月ある高倍率リターンを狙えるタイミングとして最も有力なのが米国(アメリカ)の雇用統計です。米国の雇用統計は、原則毎月第1金曜日のニューヨーク時間8時30分(日本時間21時30分、冬時間の時期は22時30分)に前月の統計結果が発表されます。この米国雇用統計こそが、バイナリーで狙うべき最高のタイミングともいえるのです。

バイナリーオプションの米国雇用統計で勝つ方法

バイナリーオプションを自動売買で行う

バイナリーオプションの勝率をあげる方法としてMT4のEAを活用する方法、いわゆる自動売買があります。予め組んだロジックが発信した最新の売り買いのサインをもとに上か下かを予想するというものです。初心者の方でも、簡単にすぐ扱える、かつFX業者が無料で提供されており信頼度が高い分析ツールとその活用法をご紹介します。

自動売買でバイナリーオプションを攻略する

NYダウ、ドル円、日経225の為替・株の値動きで利益をあげる

バイナリーオプションは、FXだけでなく、国内外の株式(日経225、NYダウ)やコモディティ(金、石油、穀物などの商品取引)のリスクヘッジにも活用できます。たとえば日本株を取引している人なら、一般にドル円か円高に進めば日本株相場は下がりやすくなり、円安が進行すれば株式相場が上がりやすくなるという因果関係をご存じの方は多いと思います。

実際バイナリオーオプションで利益を上げやすい勝利の方程式として
・ニューヨーク時間(日本時間21:00~翌朝6:00)にNYダウが上昇した、
・NY時間にドル円も上昇した、
・この場合、東京時間の寄付きで日経225の買いチケットを購入。
1週間に数日はこの鉄板相場が出現します。この鉄板相場は逃さないようにしましょう。なおFX、国内外の株式(日経225、NYダウ)、コモディティを同一口座でバイナリーオプションが取引できるのは唯一、IG証券だけです。口座は必ず保有するようにしましょう。

日本株市況は、自動車や家電といった輸出企業の株価に大きく左右されます。円高が進めば輸出企業の円換算の利益が減ることが嫌気されて株が売られ、円安が進めば利益が改善するので株価も上がるという理屈です。

そのため、保有する株式がドル円相場の影響で下かっているようなら、円高で利益が得られるバイナリーオプションのチケットを購入することによって、株式の損失をバイナリーオプションで穴埋めすることも可能となります。

おすすめバイナリーオプション口座ランキング

投資初心者が知っておくべき分析方法

バイナリーオプションで役立つ相場分析とは

バイナリーオプションで価格の方向性を当てる確率を高めるには、①できるだけレートが動きそうなチャンスを狙うこと、②過去の値動きを参考にしながら、今後の値動きを予想することーの2つの方法があると解説しました。専門的ないい方をすれば、①には「ファンダメンタルズ分析」、②には「テクニカル分析」が有効です。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つを組み合わせると、バイナリーオプションの勝率はさらに高まるはずです。

バイナリーオプションにはテクニカル分析が欠かせない!その攻略法とは?

バイナリーオプションでおすすめのチャート分析とは?

バイナリーオプションに欠かせない分析方法がチャート分析です。チャート分析とは、チャートに示された過去の値動きをもとに、今後の値動きを予想することです。もっとも基本的なチャート分析として、「ローソク足」があります。ローソク足は、その名のとおり太い軸(実体)の頭とお尻に細い線(ヒゲ)が伸びて、まるでローソクのような形をしたものが時間軸に沿って並ぶチャートです。この「ローソク足」は時間間隔の値動きを予想できる最も基本的なチャート分析といえます。「ローソク足」は数分から数時間後の値動きを予想するバイナリーオプションを行う上ではおさえておかなければいけないチャート分析手法です。

バイナリーオプションで役立つ無料の予想ツール

バイナリーオプションに欠かせないテクニカル分析とは?

チャートには、大きく分けて「トレンド系」と「オシレータ一系」の2つの種類があります。トレンド系は、相場がどちらの方向に動いているのかを時間の経過とともに示すもので、ローソク足や移動平均線などが代表例です。

オシレータ一系は「指数」ともいい、現在が「買われ過ぎ」の水準にあるのか、「売られ過ぎ」の水準かを確認したり、相場の上げ下げの勢いがどれだけ強いのかを見たりするためのもので、RSI、MACD、ストキャスティクスなどがあります。

短い時間内のドル円などの円が絡む通貨ペアの価格を予想するバイナリーオプションではこのオシレーター系の逆張りが有効です。

バイナリーオプションにはテクニカル分析が欠かせない!その攻略法とは?

バイナリーオプションでおすすめのファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンダルズ分析とは経済の基礎的条件の分析。つまり経済活動の状況を示す基礎的な要因を分析することをいいます。ファンダメンダルズ分析のもととなる経済の基礎的条件は経済指標で示すことができます。経済指標とは、GDP、物価上昇率、失業率、財政収支の赤字(黒字)率、経常収支(赤字・黒字額)などのことです。この経済指標結果により短期的に為替レートは変動します。そして為替相場におけるファンダメンダルズ分析をするために注目したいのが「景気」「金利」「貿易収支」「金価格」「政治安定性」で、中長期的な為替レートの動向に影響を与えることになります。

経済指標発表はバイナリーオプションではチャンスになる

バイナリーオプション人気ランキング!バイナリー業者の選び方

ネット証券やFX業者が提供する人気バイナリーオプションを選ぼう

大手ネット証券で唯一バイナリーオプションを提供しているGMOクリック証券、世界中の金融ネットワークをもっているIG証券(日本法人)が、バイナリーオプション投資家に人気があります。GMOクリック証券はバイナリー初心者の方の登竜門として、IG証券はバイナリーオプションの種類が豊富でFX以外にもNYダウ、日経225など取引ができる銘柄が豊富で初心者から中上級者に特に人気があります。この2社でバイナリーオプションを選んで始めれば間違いはないでしょう。

バイナリーオプション業者とは

ネット証券とFX業者のバイナリーオプションなら投資金は安全

日本国内のネット証券やFX業者が提供しているバイナリーオプションなら日本国の法律(金融商品取引法)により口座に入金した投資金は信託保全により全額保全されます。「バイナリーオプションを提供しているネット証券、FX業者が倒産しても、預託金は返還される」ということなのです。この投資金の全額信託保全スキームは海外バイナリーオプションには適用されない法律に基づいた仕組みです。このことから日本国内で提供されているバイナリーオプションは最強の安心感があるといえます。投資金が詐欺にあったら大変なので、日本国内の人気のネット証券、FX業者のバイナリーオプションを必ず選ぶようにしましょう。

人気のおすすめバイナリーオプション業者

バイナリーオプションはおすすめ人気ランキングで比較しよう

これからバイナリーオプションを始める初心者投資家の方は、どの業者を選べばいいか迷ってしまうと思います。こんなとき参考にして欲しいのがおすすめ人気バイナリーオプションです。多くの先輩投資家が選んでいる業者ばかり。人気があるということはそれだけ信頼性が高いということになります。

人気ランキングにのる業者は厳選して3社のみ。多くの投資家に選ばれている事業者に口座開設をして快適で安心のバイナリーオプションを楽しみましょう。

バイナリーオプションはおすすめ人気ランキング

バイナリーオプション口座開設から取引までの手順

最短2営業日でお取引スタート!

最短2営業日とは口座申込みから口座開設が完了する目安の日数で、各会社により異なります。

バイナリーオプションおすすめ証券・FX業者の口座

世界最大級のFX会社「IGグループ」の日本国内法人

業界最多の22銘柄を提供(FXバイナリー、株価指数バイナリー、商品バイナリー合計)。バイナリーの権利行使価格設定数も業界最多の20チョイス。さらに、一回当たりの取引ロット数、一日当たりの取引ロット数ともに上限はありません。取引タイプもラダー、ワンタッチ、レンジの3種類をご用意!また国内唯一のノックアウト・オプションの取扱いも開始されました。同時口座申込が可能です。

IG証券のバイナリーオプションはスプレッドがあまり広がらないから雇用統計時は特にチャンスあり

IG証券の「バイナリーオプション口座」のサービス詳細

購入金額
1,000円未満
ペイアウト額(倍率)
1枚につき10,000円固定
判定時間
最短60秒
オプション種類
ラダーオプション
ワンタッチオプション
レンジオプション
設定回数(エントリー回数)
1日12回 各回号は2時間毎
通貨ペア
ドル円、ポンド円、ユーロ円、
豪ドル円、ユーロドル、
ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル
権利放棄(転売)
あり
スマホ専用ツール
あり

【取引時間】 おおよそ24時間。取引システムメンテナンスによりと取引ができない時間あり。

まずは無料の口座開設から

初心者でも画面操作に迷わない!

公式サイトで新規口座開設

詳しくはこちら

口座開設費、口座維持費は、すべて0円です。

FX取引高世界1位のGMOクリック証券が提供

大手ネット証券「GMOクリック証券」が提供するバイナリー口座「外為オプション」。国内ナイナリーオプション口座の中で最も人気があります。スマホ、タブレッドなどバイナリー専用取引ツールも充実しており、外出中でもチャンスを逃すことはありません。
「外為オプション」と同時に口座開設できる通常のFX口座「FXネオ」も非常に魅力的。取引コストは手数料無料、スプレッドもドル円0.3銭原則固定と業界最高水準のレベルで非常に人気です。

国内バイナリーオプション口座「外為オプション」のサービス詳細

購入金額
1,000円未満
ペイアウト額(倍率)
1枚につき1,000円固定
判定時間
最短2分
オプション種類
ラダーオプション
設定回数(エントリー回数)
1日10回 各回号は3時間毎
通貨ペア
ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル
権利放棄(転売)
あり
スマホ専用ツール
あり

【取引時間】 月~金曜日の午前8:00~翌午前5:00。各回号は3時間ごと、全通貨ペア共通。

まずは無料の口座開設から

無料で使える予想ツールがすごい!

公式サイトで新規口座開設

詳しくはこちら

口座開設費、口座維持費は、すべて0円です。

人気の大手FX業者、FXプライム byGMOが提供

クセがない標準的なルールでバイナリー初心者にも解りやすい。為替レート予測ツール「ぱっと見テクニカル」とあわせて勝率UPも目指せる。専用スマホアプリも充実しているので外出中もチャンスを逃さず取引が可能。初心者セミナーや為替情報も非常に充実しているので、バイナリー、FXで為替レート予測をしたい方は重宝するだろう。

バイナリーオプション口座「選べる外為オプション」のサービス詳細

購入金額
1,000円未満
ペイアウト額(倍率)
1枚につき1,000円固定
判定時間
最短2分
オプション種類
ラダーオプション
設定回数(エントリー回数)
1日10回 各回号は2時間毎
通貨ペア
ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル
権利放棄(転売)
あり
スマホ専用ツール
あり

【取引時間】 月曜日~金曜日の午前8時~翌午前4時。各回号は2時間ごとに開催します。

まずは無料の口座開設から

初心者でも画面操作に迷わない!

公式サイトで新規口座開設

詳しくはこちら

口座開設費、口座維持費は、すべて0円です。

バイナリーオプションに関するよくある質問

安心して投資できるバイナリーオプション業者を教えてください。
まずバイナリーオプション事業者には日本国内に会社があり、金融庁のライセンスを取得している証券会社やFX業者が提供しているバイナリーオプションの通称「国内バイナリーオプション」と海外に会社がある金融事業者が提供しているバイナリーオプションの通称「海外バイナリーオプション」があります。国内のバイナリーオプションの場合は、日本の金融庁が定める全額信託法により預け入れた現金(投資金)が全額信託保全されるので、投資金という側面から考えると安心であるといえます。
バイナリーオプションを初めてやる初心者はデモ口座から始めたほうがいいのでしょうか。
バイナリーオプションは50円から1000円程度から始めることができます。これだけ少額から始められることが可能なので、少額から始めることが大前提となりますが、リアル口座で始めたほうがいいと思います。デモ口座だと身銭を切らないので本気になれず研究意欲がわかず、スキルアップができないと思います。
バイナリーオプションの場合、クレジットカードで入金ができないのでしょうか。
海外バイナリーオプションの一部業者はクレジットカード入金ができますが、国内のネット証券やFX業者が提供するバイナリーオプションには法定通貨(日本円)でしか入金できません。FX口座への入金も同じように現金のみ可能です。
バイナリーオプションの勝ち方、儲け方、攻略法を教えてくれるサイトや商材はありますか。
一般的に100%信頼できる勝ち方や攻略法はないと思ったほうがいいでしょう。有料の商材などもありますが、詐欺まがいのものばかりで、この商材が良かった、という話しは聞いたことがありませんのでやめておいたほうがいいと思います。ご自身でテクニカルやチャート分析を学び、勝率が高い攻略法を研究するようにしましょう。
バイナリーオプションの取引ルールで覚えておいたほうがいい内容を教えてください。
最も重要なルールは取引時間だと思います。バイナリーオプションの場合は、最長2時間、最短2分(途中キャンセルした場合)と決まっており、1日10回程度の回号といわれる取引時間が設けられれています。回号の時間は必ず把握するようにしましょう。またバイナリーの種類も覚えたほうがいいでしょう。代表的なラダーオプションの他にレンジオプション、タッチオプションがあり為替相場の様相により多彩な投資戦略が可能になります。
アメリカの経済指標では勝ちやすいのでしょうか。
FXでもそうですがアメリカの経済指標の結果は事前に誰も予測ができないため、経済指標発表の前後はエントリーを避けたほうがいいでしょう。一か八かでエントリーして大きく損失を出すことは避けないといけません。しかしながら予想がしやすい、こういう結果が出れば上がる可能性が高い、下がる可能性が高い場合はエントリーをしたほうがいいでしょう。またFXで保有しているポジションのリスクヘッジとしてバイナリーでは逆のエントリーをする方法も有効であると思います。
おすすめのバイナリーオプション業者を教えてください。
個人的にはIG証券とGMOクリック証券のバイナリーオプション口座はもっておいたほうがいいと思います。当サイトのおすすめランキングでもこの2社はおすすめしています。理由としてGMOクリック証券は取引システムやスマートフォン専用アプリが使いやすく初心者向け。IG証券は取引できるバイナリーの種類が国内では最も多く、また取引できる銘柄もFX以外にNYダウ、日経225などの株価指数と豊富です。すべて同一口座で取引できるため、相場間を相談して勝率を高めることができるのでおすすめです。
初心者が始めるにはどの通貨ペアがいいでしょうか。
ドル円が一番いいと思います。やはり日本国内にいるとアメリカのドルに関するニュースや分析レポートが豊富で、予想がしやすいからです。またドル円はレンジ相場を描きやすいためオシレーター系のテクニカル指標が有効で勝率が上がる傾向にあります。

バイナリーオプション先輩投資家から学ぶ失敗談と成功談

成功と失敗

バイナリー攻略法を発見!?窓あきトレードで連戦連勝です。

月曜日の業者の営業時間が開始されたときに発生する窓あき相場でのみエントリーしています。窓を閉めにいくポイントを狙っているので基本、逆張りエントリーです。窓開けを狙うのでFXだけではそんなに発生しないので、国内外の株価指数、金や原油などのコモディティーの銘柄も見ています。IG証券のバイナリーオプションは銘柄数が日本で一番豊富なので同社のバイナリーオプション口座は本当に重宝しています。

連勝に酔いしれ、一回の負けですべての投資金を失いました。

バイナリーオプションを始めてから最初は調子が良く7回連続で勝ちました。1万円がいきなり初日で5万円まで増えました。翌日も連続ではありませんが午前中3回勝ち調子にのって投資する金額を5万円に一気に上げました。その一回で負けてしまい、貯まったお金のほとんど全てを一回のエントリーで失いました。今でもわかりやすい相場のときバイナリーオプションをやったいますが、自分でエントリー金額のルールを設けてコツコツと継続しています。これからバイナリーオプションをやる方は、連続して勝っても「私はセンスがある」と思わないほうがいいです。ビギナーズラックという言葉もありますから。

分析方法を学ぶことなく初めて10回以上連続負けました。

バイナリーオプションを始めたばかりのとき、分析方法などやり方を全く理解しないうちに始めてしまいました。何となく上がっていたら買いのチケットを購入、下がっていればとりあえず売りのチケットを購入。これで10回以上連続負け。自暴自棄になり10万円を1週間でなくしてしましました。今はレンジ相場が出現したときのみ逆張りでエントリーをして継続的に勝てるようになりました。成功しているとは言えませんが、自分にはラダーオプションではなくレンジオプションがあっているようです。バイナリーオプションの種類とエントリーの方法など相性があるのだなと感じています。

儲けて成功しているトレーダーからやり方を学びました。

私の遠い友人でFXの自動売買の大儲けしているトレーダーがいます。彼曰く30分足のチャートをでドル円のRSIを使い、陽線2本連続で60分後に買う、陰線2本連続で60後に売る。これを繰り返せば勝利が上がると教えてもらいました。その友人にインジケーターを作成してもらい、シグナルが発生した場合のみエントリーをするルールでバイナリーオプションをやっています。なかなかシグナルが出ないときも多く我慢が必要ですが、シグナルが発生するとかなりの確率で勝てるのでコツコツこの攻略法を守りながら取引しています。